« 気になる健康2 | トップページ | 活動記録 ひきこもりの週末 »

2006年10月 7日 (土)

趣味:腕時計-ウォッチ-その3

 何故タイトルがいきなり「その3」なのかといえば、過去に「その1」「その2」を書いたことがあるからだ。参照過去日記:腕時計-ウォッチ-その1とその2

 僕は腕時計に凝る人ではないが、世の中にはけっこう凝る人が居る。そして僕にはそういう人たちの気持ちがなんとなくわかる。会社の同僚や他の会社の方々など、いろいろ人と会う機会が増えると、自然と時計などに目がいく。男性の場合、服装はスーツが多いわけだが、その違いを見出すのはなかなか難しい(まあわかる人にはわかるんだろうけど…)。つまりみんな同じような格好をしているわけだ。そんな中、ワンポイントで魅せるときに腕時計が登場する。

 同僚にも「IWC」とか「オメガ」とかはめている人が居る。顧客や関係会社の人にも「ロレックス」が居たなぁ。僕もあまり詳しくないので見分けがつかない場合も多いが、人によってはいろいろ持っていて日によって換えたりしているようだ。また先輩社員にカシオの「G」シリーズを何十個も集めた人も居る。

 まあ僕には数千円で買える「クォーツ」よりも性能が低く壊れやすい「機械式」を数十万も出してまで買う根性はない。でも、不思議と「げんをかつぐ」ような意味合いで腕時計をはめる人の気持ちはわかる。

 僕はいま主に使っている腕時計が2本ある。どちらも安物のクォーツなのだが、不思議なことに、2本のうち1本の方は「辛いときでも何とか耐えていたときの時計」として、心理的に重要なときにはめるようにしていて、もう一方は「自分が壊れかけているときの時計」なのでいまでは仕事にはめていけない。

 その2つのうち前に記したものは、セイコーのアルバの一種「ROOX」というブランドで、定価でも20000円を切るくらいの、決して高級な時計ではない。(それを買ったときの日記が上にリンクを張った過去日記)
 一方、もうひとつの方は、同じくセイコーのアルバで、「リキ・ワタナベ」デザインのシリーズで、価格は3000円くらいだ。こっちを買ったときは、2005年の春闘(会社と労働組合で毎年行われる賃上げ交渉。春季生活闘争の略)の結果で得たわずかな昇給額の範囲で買おうと決めていたものだった。

 どちらも35歳のおじさんがはめるようなものではないのだが…。不思議な思い入れである。

参考:セイコーアルバ http://www.alba.jp/

|

« 気になる健康2 | トップページ | 活動記録 ひきこもりの週末 »

コメント

男性はやはり時計を気にするようですね。
我が家も昨年、タグホイヤーなるものを買わされました。
「見る人が見れば、わかる」ものらしいです。
もう1点、”足元を見る”ではないけれど、靴の手入れは気をつけるようにしています。
音…私は映画館が苦手です。あの大音響がダメ、あとは打ち上げ花火は耳栓をしていきます(^^ゞ

投稿: とまと | 2006年10月 7日 (土) 19時01分

こんばんわ。
自分は、「カシオ・Gーショック」を、持っています。
考えてみれば、「腕時計」って、「時代の流れ」とともに、年々変化していますね。

投稿: H・K | 2006年10月 7日 (土) 21時55分

こんばんは!
わたしは独身時代にデザイナーになった記念として、西ドイツのデザイン・ワーゲンの腕時計を父(工業デザイナー)に買ってもらいました。その後、流行りの腕時計をいくつか買いましたが、最近やっぱり・・・・と、また、ワーゲンのを使い出したのですが、もう古いせいか時々止まるので、安物を買いました。(見た目は上品で、高そうに見えるんですが。)そうそう、喪服に似合うのも買っておかないと・・・・。縁起でもないけど、親戚にガンの方とか入院しておられる高齢の方とか、おられるので。お葬式のときって、光り物がダメらしいですね。黒いバンドで地味なの、買わないと。
                     ではでは!

投稿: hiroko | 2006年10月 8日 (日) 02時08分

腕時計意外に気にするものなんですね
私は興味ないんで人の時計をチェックしたりはしないです
時計のブランド名とかも全然わかんないんですよ
けどわかる人からしたら人の時計チェックするの楽しいんでしょうねぇ
私も時計チェックしてみようかなぁ

投稿: 瑞希みか | 2006年10月 8日 (日) 17時58分

>とまとさん どもども~
 おー。タグホイヤー。確かにアレは人気のようです。値段もああいう機械式の中ではそんなに高くないし。(いや、これはあくまでもブランド機械式腕時計の世界ではってこと。普通に考えたら高い…)デザインもわりとミリタリー系が多いし。
 仰るとおり靴も大事ですね。僕はいわゆるビジネスシューズって感じの(ローファーっていうのかな?)やつではなく、そこが厚いウォーキングシューズみたいなやつにしてます。この方が長持ちします。

>H・Kさん いらっしゃいませ
 カシオGショックは一時期はやりましたね。僕は乗らなかったけど。今でもしている人は多いですよね。確かに、ああいうのが欲しくなるときあるんですよね。僕は腕が女性並みに細いので、あーゆーごついやつだとなかなかバランスが難しいですが。ちなみに時の流れでしょうかね。いまは「電波時計」が旬のようで、カシオのウェーブセプターなどは人気のようです。

>hirokoさん いらっしゃいませ
 ドイツというとSINNというメーカーが有名ですね。あとパイロット用の時計というイメージが…。
 葬儀関係では光物はタブーですか。それは知りませんでした。ありがとうございます。(そういうこともちゃんと知っておかないとなぁ)

>瑞希みかさん どうもです~
 僕もそんなに詳しくないし、気にするってほどでもないんでうすが(^^;) でもまあ、女性の方がアクセサリーや洋服にいろいろこだわるのと似ていると思います。専門の雑誌があるくらいですので、それなりにこだわっている人も世の中にはけっこう居るようです。
 女性は「ブルガリ」とか中身よりもデザインというブランド物がお好きな方が多いようですよ。

またおいでくださいませ

投稿: あゆざかけい | 2006年10月 8日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味:腕時計-ウォッチ-その3:

« 気になる健康2 | トップページ | 活動記録 ひきこもりの週末 »