« 活動記録 ゆっくりと | トップページ | 今週のお買い物リスト »

2006年10月27日 (金)

活動記録 無駄知識 WindowsXP winsta.dll エラー

 昨日、いまの僕は午前中会社に居るときはJavaなどについての学習(自己啓発)をしていると書いた。今日もそのつもりで居たのだが、なぜかMS-Windowsくんともめることになってしまった。

 僕は会社の自席で使っているPCに、サン・マイクロシステムズ(SUN)が公開しているJava開発・実行環境(Java 2 SDK, Standard Edition, v 1.5.0_9 (J2SE))をインストールしたいだけだった。会社のPCは最近SeP(セキュリティ・プラットフォーム)が導入される等、いろいろむやみにインストールしてはいけなくなっているし、いま安定稼動している社内システムなどが使えなくなるもの嫌なので、念のため、WindowsXPで提供されている「システムの復元」という機能を使おうと思った。この機能がどこまで信用できるかは正直アレだったが、とりあえず。
 もしもの時の復元を有効にするためには「復元ポイント」を作成しておかないといけない。それをやろうと「ヘルプとサポート」から「システムを復元する」を選択すると、赤色のバッテン(×)のエラーメッセージ(つまり致命的エラー)が出るではないか。
 このエラーは実を言うとこの会社PCではよく見る。「マイコンピュータ」の「プロパティ」を選択したときも似たエラーが出る。

WindowsXP winsta.dll エラー
赤バッテン(×)メッセージ内容

Restrui.exe - エントリ ポイントが見つかりません
プロシージャ エントリ ポイント RemoteAssistancePrepareSystemRestore がダイナミック リンク ライブラリ winsta.dll から見つかりませんでした。

 ……うはー。なんとわかりやすいメッセージ(皮肉)。僕は会社に居る間、および家に帰って午後の睡眠をとった後の時間を、この原因を探したりすることで消費してしまった。午前中は半端に「Windows Update」を繰り返して、動作が不安定になってしまった。ちょっと後悔。っつーか「いったい僕は何をやっているのだ?」などとさびしく思った。

 結論から言うと、このエラーはわりとメジャーな問題であるらしい。(マイクロソフトのサポートサイト:http://support.microsoft.com/kb/832323/ja) 会社のPCは2年位前に導入されたやつだが、メーカープリインストールOSは Windows XP,Home Edition だった。社内でLAN接続して使う場合、これではダメ。なのであとから Windows XP Professinal をインストールしたわけだ。このとき元のOSバージョンが Service Pack 1 (SP1)などで、インストールに使ったのが無印(非SP)だったりすると発生する。対策としては無味乾燥で「SP1をインストールしてください」
 僕もよく知らなかったが、SP2にはSP1が包含されているらしい。だからSP2をインストールしてもいい。(本当かよ?)……って「インストールしてください」って簡単に言いすぎ。たまたまいまの僕はある意味ヒマだからいいけど。僕はあいにくとこういうことを楽しめる人ではない。ストレスになる。(逆に楽しめるほどの余裕がないといけない?)

 せっかくだから「winsta.dll」が何者なのか知ろうと思ったけど、なかなか見つからない。なのでそれは断念。もっともこいつはライブラリだしね。しかもOSの。これぞまさに無駄知識。どこかの泉に投げ入れよう。

|

« 活動記録 ゆっくりと | トップページ | 今週のお買い物リスト »

コメント

こんにちは。根岸のねこです。
お疲れ気味のようですが順調にリハビリ期間を過ごされているようで何よりです。
新しい分野を自習する機会はあまり無いので、大切にしてください。
体は正直で疲れが溜まっているのですね。休み明けの出勤は体に強い緊張がかかるんですよね。産業医さんの方針がゆっくり慣らす方針でよかったです。
あゆざかさんの場合、ギャップが少ないので復帰後のことはあまり心配せずに、ゆっくりやってくださいね。

投稿: 根岸のねこ | 2006年10月28日 (土) 05時36分

あゆざかさん、おはようございます(^^)

malineさん同様、こちらもとんだ災難でしたね。
私もPC自体は結構古くから(初マシンが486でした)のユーザーなのですが、WindowsXPになってからというもの、まるっきり初心者と同レベルでございます(笑)。3.1と95は使いましたが、後の98やMeを使わなかったがためにわからなくなったと言うのが本当でしょうか?もはや全然わかりません。完全にPCにこき使われている状態です。

今の時代のSEさんは尊敬します。すごいです。その世界に戻っているあゆざかさんも尊敬です。

それにしてもSP1とSP2、私にとってこれは曲者です。「マイクロソフトさん、何とかして下さい~!!」っていつも思います。ただでさえ訳がわからないのに、このSPのせいで、さらに混乱しています。
早く新しいOSが発売にならないかなぁ・・・とひそかに思っている私でした。
ではでは(^^;

投稿: かな | 2006年10月28日 (土) 08時15分

ども、お休みですね。ゆっくりなさってますか?ワタシの方はゆっくりさせて貰って居ます。ワタシもスキャナーがワタシのパソに1台直結されて居るんですが、木曜に成って、CADから図面をPDF化した時に、カラフルに成ってしまいました。緑や黄色、水色等白地に書かれた図面は、読みにくくてしょうがない。平日は、夜中にデフラグやウイルスチェックする様に設定してるんでつけっ放しのワタシのパソコンを弄っている人が居るみたいです。営業さんの所で公開しているフォルダの中に、ショートカットが入ってたりします。壊れたなら直せよな(-_-#

まあ、今のコピー機にもスキャナー機能が付いてますが、やっぱり小さくてもスキャナー専用の物には敵いません。PDF化した時のデータ量が、専用機の方が1/2以下です。だから使っても良いけど設定を変えないでくれ...

投稿: しん | 2006年10月28日 (土) 16時17分

こんばんわ。
自分も、「ウィンドウズ」のエラーに、やられたことが有りました。
自分の場合は、「デル・サポート」の電話のやりとりによって、解決することができました。

投稿: H・K | 2006年10月28日 (土) 21時51分

皆様コメントありがとうございます。

>根岸のねこさん
 確かに勉強する機会はそうそうないですね。特にいままでの僕はそういう機会を自ら放棄してきたところがありますので(どうも、業務中の自己啓発→仕事じゃない→悪、みたいな)なかなか思い切れませんが、のんびりやっていこうと思います。好き嫌いじゃなくてもう「生きていくため」という感じです。

>かんさん
 486やwin3.1という言葉が出るということはけっこう昔から使っていらっしゃるようですね。(^^) 某マイク○ソフトさんは本当に殿様商売ですからね。使えば使うだけひたすら複雑で重くて不安定になるので、皆不満は多いのですが現実的にそれしか選択肢がないのが困ったものです。来年発売と目されている新OSも、きっとすぐにバグフィックス版のServicePackのようなものがいろいろ出ると思います。しばらくは静観した方が良い気がしています。

>しんさん
 CADだとかグラフィック系は、昔なら専用のUNIXワークステーションか、マッキントッシュだったと思いますが、やはりいまはソフトの多さなどでWindowsを使わざるを得ない状況なのでしょうか。価格も下がりましたからね。

またお越しください。

投稿: あゆざかけい | 2006年10月28日 (土) 22時02分

>H・Kさん
 コメントありがとうございます。
 自宅のマシンで、そういうサポートのあるメーカなら、いろいろ安心ですね。(でも実際に作業するのは自分ですが)
 会社のだといろいろな制約があって困るんですよね。特にいまの僕はあまり周りに迷惑はかけられませんし……。

またお越しください。

投稿: あゆざかけい | 2006年10月28日 (土) 22時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活動記録 無駄知識 WindowsXP winsta.dll エラー:

« 活動記録 ゆっくりと | トップページ | 今週のお買い物リスト »