« 音楽を聴く環境が欲しいです。 | トップページ | 感謝と謙虚な姿勢が大切であることを知った2006年でした。 »

2006年12月30日 (土)

数年ぶりに秋葉原に行きました。

 目的は昨日の記事にあるように、音楽を聴く環境を欲するようになったので、その環境を整えるためです。思い立ったが吉日というわけではありませんが、あまりこの件で長く引っ張るつもりはありませんでした。
 目的があって期限もあって予算もあるということは、これも一種の「プロジェクト」です。

 以下に今日のプロジェクトの計画と実績を記します。

<計画>
●目的:そこそこの音楽鑑賞ができる環境を整える
●期限:2006年12月30日
●予算:ハードウェアは1万円前後
    ソフトウェアは1万円未満程度
●要員:1名
●実施箇所:秋葉原
●内容:CDラジカセ1台、ヘッドフォン1式、スタジオジブリ「耳をすませば」関連CDソフト、「魔女の宅急便」関連CDソフト
●付随的内容:「11人いる!」のDVDが見つかればそれも含める

<実績>
●目的:達成
●期限:達成
●費用:
 ハードウェア:CDラジカセ1台+ヘッドフォンで約1万2千円弱
 ソフトウェア:CDソフト3枚で約7千円弱
 内訳
 ・TKCA-72746 耳をすませば サウンドトラック
 ・TKCA-72745 耳をすませば イメージアルバム
 ・TKCA-72758 カントリー・ロード 本名陽子
 その他:昼食代680円、交通費260円
●実施箇所:秋葉原
●内容:詳細は後述

 秋葉原には実を言うと30分もしないで行けるのですが、今の僕にとっては遠出と言えましょう。会社以外で徒歩圏を脱出したのは数ヶ月ぶりであり、現に秋葉には少なくとも2年は行っていませんでした。
 一応東京人であり、そんなに遠くもないので、秋葉原についてはそれなりに熟知している気でいましたけれど(一応裏も表も)、あまりの様変わりに驚きました。つくばエキスプレスの開通によって駅は広くなっているし、Yodobashi-Akibaなるヨドバシカメラの巨大な店があったり、駅前にはメイドさんのコスプレをした方々が居るし……ちょっと別世界?

 午前中はヨドバシ様子見、石丸でソフト買い
 とりあえずどんなもんかとヨドバシ秋葉を様子見。ゲームと玩具のエリア以外はそんなに混んでいなかったのは午前中だったからだと、後からわかりました。確かに広かったですね。でもそんなに驚愕するほどではなかったです。秋葉に店を出すのならこれくらいじゃないと勝負できないでしょう。確かに日本最大級ではあります。
 ゲーム売り場が並んでいましたね。人が。今の僕には別世界なのでスルーしてTVとかポータブルオーディオのところへ。大画面TV。うーむ、確かに欲しくなるよなぁ。その気持ちが最近ようやくわかってきました。
 ラジカセ売り場を発見。大体の品揃えや値段を確認し、その後はソフト売り場へ。うーむ。ここは「普通」でした。このソフト売り場は秋葉にしては「普通」過ぎる。後になってこのヨドバシの上層階に巨大なソフト屋があることがわかるのですが、このときは気付かず、昔からご用達の石丸電気に。
 石丸電気のソフト売り場は昔から個人的ご用達だったのです。売り場が本店のほか3号店など複数に点在しているのが難ですが、言えば全店を探してくれるシステムになっています。ここは「普通」ではないのです。明らかにアニメ関係の品揃えを重視していて、通販以外で店頭で探す場合、ここに置いてなかったら他のどこにもないだろうと思えるほどです。僕は観たことも行ったこともないですが、よく声優さんのサイン会などのイベントも行われるようです。(特に3号店かな) もっとも、そういう方向性だけなら、秋葉にはもっと濃い店がたくさんありますけれど…。
 とりあえず石丸本店に行きました。ここは石丸の中では内容的には比較的「普通」ですが、とても探しやすく、最初にチェックするにはいいところです。
 ジブリ関係のCDやDVDがコーナーとしてありました。普通にほぼ全種類そろっているのが秋葉ならではです。「耳をすませば」関連のCDについては何はともあれ大人買いすることにしました。「魔女の宅急便」については、サントラ集というものとイメージアルバム、その他いろいろありました。2枚組みのドラマ編などもありました。これはちょっと内容を調べてからにしたほうが良さそうでした。僕は純粋に映画音楽として「魔女の宅急便」の音楽が聴きたかったのです。あの、キキが街の上空をゆっくり昇って行くときに流れる音楽です。(ああ曲題が知りたい)
 「11人いる!」は石丸本店には無かったです。他の店も探せばあるかもしれませんでしたが、まだ買い物はあるので、それも次の機会としました。

 秋葉では昼食に贅沢はいえない、かな?
 アキハバラデパート(駅ビル)の1階は昔から食事がありましたが、どうも落ち着きません。(なんか今年いっぱいで閉店と書いてあったな) Yodobashi-Akibaの上層階にはレストラン街があるようなので、そっちに行きました。昼時でしたけれど、たくさん人が居ました。ヨドバシのビルをエスカレーターで昇ると人がうじゃうじゃ居ました。さっきは午前中だったから人が少なく見えたのだとわかりました。
 レストランもどこも混んでいて、とても落ち着けそうにありません。僕は割り切ってラーメン屋に入りました。カウンターの方がかえってゆっくりできるだろうと思ったのです。でも案内された席が落ち着ける席ではありませんでした。僕の右では店員がいろいろしゃべりながら作業をしているし、左では中国人の方と思しき男女がもう食べ終わったのに長々としゃべっていました。

 インピーダンスって何?
 昼食を終えた僕はそのままヨドバシの階下に向かいました。ハード関係はここで買おうと思いました。先にヘッドフォンを見に行きました。一番大きいものは最後にするのが良いのです。(本当か?)
 ヘッドフォン売り場にはこんな注意書きがありました。
 「大出力の専用アンプなどにはインピーダンス100以上を、ポータブルオーディオなどは32前後を選ぶと良い」
 へぇー。そうなのか。ところでインピーダンスって何? 何となくその値が大きいものほど高い気がする。
 それはよくわかりませんでしたが、要するにラジカセ程度のために高いヘッドフォンは必要ないということはなんとなくわかりました。それでもけっこう迷って(迷うべきところはそんなに無いはずなのに)以下の製品を選びました。

●日本ビクター(Victor JVC) HP-RX300
 インピーダンス32
 出力音圧レベル100dB/1mW

 ハイポジションテープ非対応だなんて!
 ようやくラジカセ本体です。自分の部屋に置く場合を考えると、リモコンはかなり重要であることに気が付きました。そしてSDメモリやHDDなどに対応した機種もありましたが、そういう高級機にはもはやカセットなどはついていないこともわかりました。カセットといえば、いま売り出されているほとんどのラジカセ(高級機も含む)で、ハイポジションやメタルテープに対応していない事実を知りました。
 僕がかつて使っていたCDラジカセはわりと大きいタイプで、ハイポジションテープの録音再生、メタルテープの再生に対応していました。買ったのが1990年ですからね。CDをカセットに録音編集するのが流行って久しい時期です(そしてやたらと重低音が強調された時期です)。媒体であるカセットテープもいろんな種類があって、そんなに細かい違いが普通の人間にわかるわけないだろうと思いつつも、周波数特性なんかを見て、高音が伸びるハイポジションテープなどといって買ったものです。そんなハイポジに、このような未来が用意されているとは…。わからんものです。未来は。

 ……えーと。そういうわけで、いろいろありましたが、下記の機種を買いました。昨日ネットで調べたところではSONYのCFD-E100TVというやつが同じ価格帯で売れているようでしたが、現物を見ると、どうもCD格納のギミックが特殊。壊れやすそうなイメージを抱いてしまいました。パナソニックも良いものがありましたが、メーカーの好みなどもあり、東芝となりました。

東芝(TOSHIBA) TY-CDK3

 家に帰ったのは午後も後半でした。家に帰ってからもセッティング(といってもラジカセなんでたいしたことはないのですが)などでもいろいろあって、自分のこととはいえ、とても疲れました。そういう意味では今日でよかったのかもしれません。

 ちょっと尻すぼみな今日の記事でした。

p.s. 「耳をすませば」のサントラの中には、もしかすると、あの方の音も入っているのかな? いずれにしても良い音楽です。

|

« 音楽を聴く環境が欲しいです。 | トップページ | 感謝と謙虚な姿勢が大切であることを知った2006年でした。 »

コメント

なぜ、昼食がメイド喫茶ではないのかな?

投稿: くりにゃー | 2006年12月31日 (日) 00時54分

今年はあゆざかけいさんと交流が持てて本当によかったです。
音楽鑑賞、昨日は少しできたでしょうか?
ブログ、いつまでもあれこれと巻き込まれて、人が怖くなり、自分を守るためにやめることにしました。
来年も遊びに来させていただきますね。
どうぞよいお年をお迎えください。

投稿: とまと | 2006年12月31日 (日) 08時59分

 久々に、遊びに来ました。冬眠からも抜け出せたようでパッチリ☆です。
 「プロジェクト仕立て」のお買い物、何だか、笑っちゃいました、憂とそっくりだぁ、と思って。
 憂の場合は、「保育指導計画仕立て」になりますが。(現在の発達段階を把握した上で、本日のねらいを立てる。そのねらいを達成するのに必要な経験を書き出す。その経験に必要な、環境構成と、予想される自分の反応、それに対する留意点・・・etc.)
 面倒なようでも、なんか、計画立ててみると、安心するんです、やばい、職業病でしょうか(笑)。
 あゆざかさんの年末、仕事も、2年目の彼女の事も、趣味も、いい方向に風が吹いて来ているようで、よかったですね。来年も、いいことありますように、よいお年を。

投稿: 宇都宮憂 | 2006年12月31日 (日) 11時33分

こんばんわ。
あの「魔女の宅急便」のテーマソング、良い曲ですね。
心が落ち着きますね。
さて、いつもコメントしていただき有難うございます。
来年は、あゆざかけいさんに取って、良い年でありますように。(^∧^)

投稿: H・K | 2006年12月31日 (日) 18時37分

こんばんは!
ウチんとこは、とても古いオーディオセットと、マルチなミニコンポがあります。
古いほうは、夫婦がお互いに独身時代に愛用していたものですが、ミニコンポを購入してからは、古いのは「とりあえず、置いてある。」って状態。
ミニコンポは、CD・MD・カセットテープ用で、偶然、特売されていたのを見つけて、衝動買いしたのですが、機能のいい割りには安すぎですね。(パナソニック製です。)
でも、どちらかというと音楽は、MP3プレイヤーへパソコンから入力して聴くことが多いです。
ミニコンポは、実家の両親が来てくれたときや、買いたてのCDを大きめの音で楽しみたいときに使うことが多いです。カセットテープは、特に種類に限定とかの注意書きが説明書では無かったです。
一時、CDをよく買ったのですが、最近は時たまになってしまいました。やはり、一番の趣味がデジカメだからでしょうか。
ヘッドフォンは、パソコン用に買ったのしか使っていませんね。
スカイプで、お昼休みのエイジさんとおしゃべりして遊んだ時期もあったけど、いまはやってませんねぇ。
オーディオに関する知識は、エイジさんのほうが豊富です。
わたしも、CDデッキを自分のお給料で買ったけれど、いまでも動くのかな?エイジさんのアンプが不調なのと、マンション住まいなのがやはり、せっかくのボーズのスピーカーを眠らせている原因です。

投稿: hiroko | 2006年12月31日 (日) 20時43分

>くりにゃーさん
 ごめんなさい。僕にはそんな勇気がないです。(笑)
 いやー、真面目な話、なんでそんなに「メイドさんの格好をした女の人」が好まれるのか、僕にはわからないのです。こんなことを言うと、女性陣には引かれてしまうかもしれませんが、僕にもある種の「メイド萌え」はなんとなくわかります。それでも、それは「本物のメイドさん」に対するものですからねー。まあ、もうちょっと元気があるときに考えます。(笑)

>とまとさん
 いろいろ大変なときにありがとう。
 僕の考えや思いは、以前に申し上げたとおりです。
 それは不変です。
 だからお別れめいたことは言いません。
 とまとさんの判断はベストであると僕は思います。

>憂さん
 些細なプロジェクトでしたが、今の僕にとってはけっこう大儀でした。計画が命というのは、同じように職業病かなぁ。来年はお互いによいことがあるといいですね。

>H・Kさん
 そうなのです。あの曲が聴きたいと思いましてね。
 お互い来年は良い年にしたいですね。
 良い年でありますように(^∧^)

>hirokoさん
 古いオーディオセットですか。ああいうやつは古いやつほどいいらしいですからね。しかもBOSEのスピーカーですか。うらやましい。
 AV機器も、純国産もしくは欧米の伝統あるメーカーのものがやっぱりいいのでしょうね。今回のラジカセに限らず、いま比較的安価で売られているポータブルオーディオ製品はほとんど中国などで大量生産されたものです。カセットのハイポジションやドルビーノイズリダクションなど、細かいところで差がありますね。

コメントありがとうございました。
来年もまたお越しくださいませ。

投稿: あゆざかけい | 2006年12月31日 (日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数年ぶりに秋葉原に行きました。:

« 音楽を聴く環境が欲しいです。 | トップページ | 感謝と謙虚な姿勢が大切であることを知った2006年でした。 »