« TV:青海チベット鉄道~世界の屋根2000キロをゆく~ | トップページ | 自信とはなんだろうか »

2007年1月 3日 (水)

初詣は猫たくさんの増上寺、箱根駅伝観戦、そしてホノルルマラソン?

 初詣に行ってきました。行き先はなぜか都心の増上寺です。そんなに遠出する予定もなかったのですが、父が箱根駅伝の応援も兼ねて増上寺に行くと言い出したので、僕もついて行きました。箱根駅伝の最終第10区のコースは、東京港区芝公園にある、浄土宗大本山にして徳川将軍家ともゆかりのある、増上寺、その本堂の前を通過するのです。

 家族三名で連れ立ってJR線で浜松町へ。秋葉原で乗り換え、神田→東京→有楽町→新橋→浜松町とJR線で移動します。この区間は山手線と京浜東北線が併走しています。ほぼ同時に2線の列車がきましたが、京浜東北線に乗りました。僕が勤める会社は数年前まで新橋にありましたので、その頃を思い出します。新橋の汐留から浜松町、田町、品川までにかけて、巨大な高層ビルが林立し、今も増え続けています。一昔前であれば高層ビル群といえば新宿副都心でしたが、近年は必ずしもそうではなくなりました。

 浜松町にはちょうど正午くらいに到着しました。そこから芝公園の方向に行きます。寒かったですがよく晴れていて見通しが良いです。眼前には増上寺大門と、さらに向こうに東京タワーがそびえたっています。

 増上寺にははじめて行きました。ここまで立派なお寺だとは知りませんでした。考えてみれば徳川将軍を祀るお寺ですから、立派でないはずがありませんね。まだ正月三日ということもあってか、振袖を着た方も多く見受けられました。日比谷通り沿いにある内門の前では箱根駅伝の関係者が読売マークの応援用の旗を配っていました(箱根駅伝は読売新聞社主催なので)。増上寺に集まっている人々のうち、けっこうな人がその旗を手にしています。箱根駅伝の人気ぶりがうかがえる光景でした。

 本堂の裏には檀家さんのお墓が並んでいます。そのすぐ向こうには東京タワーがそびえています。墓地にこのような形容詞がふさわしいかわかりませんでしたが、都心にありながらとてもすがすがしい場所でした。ちなみに増上寺の裏には猫がたくさん居ました。寺社仏閣には猫が似合います。彼らは僕らのことなど知らん顔して悠々と座していました。販売所ではお守りやお札などと共に招き猫の置物もありました。増上寺は猫と何か関係があるのかな?

 参拝を終えた僕らは増上寺の隣にある東京プリンスホテルの方から、やがて第10区の選手たちが通るであろう日比谷通りへと出ました。各大学の旗がたくさんはためいています。僕らは観やすい場所を確保するため芝公園に沿って歩きました。御成門の交差点のところで待つことにしました。

 御成門の交差点では制服を着た何名もの警官が大声を出して交通規制にあたっています。大会を運営するにあたっては、こうした裏方の大いなる協力があるのだなぁ、と思いました。

 やがて先頭を走る順天堂大学の選手がやってきました。沿道の人並みからいっせいに旗が揺れだし、「頑張れー」などという声援が飛びました。大学のOBという人も居るでしょうが、沿道に集まった人々の大部分は、走る選手たちとは直接の関係がない人々でしょう。それでも、こうして沿道に詰めかけ、声援を送っているのです。僕は自分が走っているわけでもないのに、その光景に目頭が熱くなりました。どうも最近の僕は涙腺が弱くて困ります。

 先頭の選手から最後尾の選手まで見送ったあと、僕たちは新橋駅に向かいました。御成門まで来てしまうと新橋の方が近いのです。すでに時計は午後二時近くとなっていました。サラリーマンのメッカである新橋です。主役であるサラリーマンたちがお休み中とあっては商売ができないためでしょうか、多くの飲食店は店を閉ざしていました。僕たちはニュー新橋ビルの三階にある「肉の万世」で遅めの昼食を摂り、その後、帰途に着きました。

 帰宅すると、1通の年賀状が来ていました。かつて会社で同期であった方です。思えば僕は決して同期の中では友好的ではなかったのに、こうして年賀状をいただけるのは、ありがたいとしか言えません。その賀状には写真つきでこう書かれていました。「ホノルルマラソン走ってきました(^-^)」 おお! それはすごい! 感嘆した僕でした。みんな頑張っているのだなぁ、と思いました。

 明日から2007年の出勤が始まります。

(写真は増上寺本堂と背後に東京タワー)

20070103_zoujouji

|

« TV:青海チベット鉄道~世界の屋根2000キロをゆく~ | トップページ | 自信とはなんだろうか »

コメント

こんばんわ。
へぇ~、凄いですね。
あゆざかけいさんの同期生の人が、「ホノルル・マラソン」を走っていたなんて、凄いですね。
自分じゃ、あそこまでは、無理ですね。

投稿: H・K | 2007年1月 3日 (水) 22時39分

箱根駅伝テレビでずっと見てました。
彼ら、すごい精神力ですね。昨年脱水症状起こしたOBの難波さんのためにも今年は何がなんでも優勝するぞ!って。
いろんなプレッシャー、自分との戦い、憂もなんか今年はできそうだ!って気持ちになりました。猪年ですからね、元気な時はちょっと勢い付けて走ってみようと思います☆

投稿: 宇都宮憂 | 2007年1月 3日 (水) 22時42分

いいなー。箱根駅伝をナマで見れたのですね!
選手たちの純粋な走りは、生で見ると感動すると思います。
私も里帰りしなければ、中継所が近い(歩いていける)とこに住んでいたので、見たかったなぁ。
今年もテレビでずーっと見てました。
山の怪物の走りは感動物です!

東京タワーに上ってくればよかったのに。
地元の人ほど、東京タワーには行きませんよね。

肉の万世!お金持ち!
正月早々、おいしい物食べれましたね。
いいなー。

投稿: くりにゃー | 2007年1月 4日 (木) 01時05分

お返事です。

>H・Kさん
 僕にも今は無理ですね。ハワイに行くだけでも大変です。ハワイは日付変更線を飛び越えますので、向こうで時間が巻き戻るんですよね。でも帰りに一気に巻き上がる(笑)。ハワイには一度だけ行ったことがあります。外国としては近場ですけれど、飛行機で何時間も過ごすのはけっこう苦行ですね。

>憂さん
 僕も高校の途中まで陸上競技をやっていましたので、駅伝には非常に親近感を覚えるのです。しかし箱根駅伝は1区間が20キロ以上と、ハーフマラソンですからね。その距離を走れる人はそういません。
 今年は丁亥の年ですね。僕は年男(辛亥)なのです。いい年になるといいと思います。

>くりにゃーさん
 寒かったですが、いい経験でした。
 東京タワーは確かに東京人は行こうという話にもなりませんね。なぜか。タワー自体は333メートルと高いですが、展望台があまり高くないからでしょうか。今では200メートルクラスの高層ビルがたくさんありますから。
 肉の万世はそんなに高級でもないですよ。(などというと万世さんに悪いかな) 特にランチは普通のレストランです。秋葉原の本店はでかいですよね。

皆様コメントありがとうございました。
またお越しくださいませ。

投稿: あゆざかけい | 2007年1月 4日 (木) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初詣は猫たくさんの増上寺、箱根駅伝観戦、そしてホノルルマラソン?:

« TV:青海チベット鉄道~世界の屋根2000キロをゆく~ | トップページ | 自信とはなんだろうか »