« 今日の日記:夕飯抜きだよ。 | トップページ | 今日の日記:秋葉原でウォーキング?最後にびっくり箱! »

2007年9月28日 (金)

世情:嫌なニュースだ…。

 日々余裕がないヘタレな僕だけれど、一応TVニュースくらいは見ている。なんというかここ最近も、「嫌なニュース」が続く。

 …。

 今年6月に力士がけいこ中に亡くなられた件。
 ニュースで小耳に挟んだ程度なので詳しくは語ることはできないけれど…。これは重大な「事件」なのではないかと、個人的には思う。「事故」というような印象は受けない。金属バットやビール瓶で殴るなんて、普通は「障害事件」ではないのだろうか?
 大切な息子を相撲部屋に預けた親御さんが痛ましくてならない。僕は相撲協会に対して何の恨みもないけれど、事件性があるのであれば、きっちりと究明して欲しい。どうか隠蔽などしてくれるな、と強く思う。

 …。

 ミャンマー(旧ビルマ)で邦人が亡くなられた件。
 これも「事故」という印象は受けない。「事件」という印象の方が強い。確かに危ない仕事ではあるのだろうけれど…。だからといって、死んでよいはずがない。
 こういう事件が発生したときに、わが国の外交手腕が問われるはずなのであるが、どうなんだろうか…。
 本来であれば向こうに居る邦人を守る意味でも「国際問題」として捉え、今後、ミャンマー軍事政権から「日本人に何かがあると面倒な問題になる」という思いを起こさせる必要があるのだが…。

 …。

 個人的には相撲の事件がとてもショックであり、同時に、ことの次第によっては相撲という世界そのものの存亡さえ、みんなが考えてもよいとも思う。これは単なる事故ではないと思うから。それくらい大きな事件なのだと、みんなが受け止めるべきだと思う。

|

« 今日の日記:夕飯抜きだよ。 | トップページ | 今日の日記:秋葉原でウォーキング?最後にびっくり箱! »

コメント

力士の事件は殺人事件といってもいいくらいですね。
火葬して返す、なんて同じ国内にいるのに妙な申し出もあったりするし。
17歳の子が「お父さん、いい子になるから迎えに来て」って言ったこと自体限界を超えてる状態、本当に悲しくなりました。

投稿: でつ | 2007年9月28日 (金) 22時51分

構造的な殺人ですね。あれを国技と自称されるなんて国辱ですよ。

投稿: さとしす(satoshis) | 2007年9月29日 (土) 00時57分

相撲レスラーと考えるとずいぶんと日本の相撲って変なんでしょうね。
朝青龍も日本の伝統の部分が理解できないから精神面でいっちゃって、モンゴルに帰っちゃいましたし。
でも、精神面うんぬんで殺されちゃ、戸塚ヨットスクールと同じだと思うんだけど。
これ、殺人事件ですよね?

投稿: くりにゃー | 2007年9月29日 (土) 03時03分

ミャンマーにはODAが行われているけど、かなり前から凍結されているんじゃなかったっけ。
あの国はどうやって外貨を獲得しているんだろう。
国連決議で経済制裁を呼びかけるくらいのことをやるべきだと思うのだけれど。(日本は非常任理事国ではないから、そのところには無力ですが。アメリカは単独で経済制裁始めてしまいましたな。)
日本とミャンマーは国交あったっけ?大使館があるんだからあるのか。強い遺憾の意の表明はしたはずだけど、実効的な制裁ってなんだろう。JICA引き上げとかかな。

投稿: くりにゃー | 2007年9月29日 (土) 03時06分

こんにちは
確かに最近のニュースを見ておりますと、異常すぎますね。
昭和の時代を学生で送った身としては、物騒な世の中です。
24時間営業のお店へも、夜中にひとりで行くのが、もう怖くなってしまいました。

いろいろな死亡事故も、昔とは質が違いすぎますね。

投稿: hiroko | 2007年9月29日 (土) 13時45分

お返事です。

>でつ さん
 本当にもう悲しくなってきますよね。
 これから大相撲の見方がガラリと変わってしまいますね。

>さとしすさん
 こんにちは。
 そうですよね。「国技」なんですよね。
 そもそも「国技」って何だろうと思います。

>くりにゃーさん
 僕の印象でも集団リンチというか…。
 少なくとも刑事事件だと思うのですけれど。
 ミャンマーの方は、中国やロシアとの関係が強いようですね。社会主義国家だからでしょうか。なかなか民主主義国と社会主義国との間の溝は埋まりませんね。

>hirokoさん
 そうですよね。
 町を歩いていても、昔なら危ないヤツは一目でわかったのに、いまはわかりませんからね。本当に怖いですね。

皆様コメントありがとうございました。

投稿: あゆざかけい | 2007年9月29日 (土) 21時37分

こんばんわ。
・「相撲事件」について。
この「ニュース」を聞いた時、正直驚きました。
それにしても、絶対に許されない事件ですね。
「兄弟子」が異常ならば、「親方」も、それ以上に、「大異常」ですね。
「相撲協会」も、対応が遅れています。
今後、この様な事がないように、「厳重」に対策を作って欲しいですね。

投稿: H.K | 2007年9月29日 (土) 21時54分

おはようございます、あゆざかけいさん

私には、親方や兄弟子達の鬱憤晴らしのように
感じます。
人は常に弱いです。
いらいらや、ストレスがあったときに自分より下の
人間に当り散らす。

こういうやり方を変えない限り、相撲の将来は
無いと思ったほうが好いかもしれません。

ミャンマーの軍事政権が一人のジャーナリストが
白日の下にさらけ出してくれました。
日本政府はジャーナリストのためにもミャンマーの人たちの
人権のためにも、強く働きかけるべきです。
こういう時こそ、外交の出番ではありませんか。

投稿: まるこ姫 | 2007年9月30日 (日) 10時17分

ミャンマーは,俺は死ぬ覚悟だろうとか妻は死にたいのかな.とそんな事を言っていました.
日本人であることが重要いう国ではない.というような事を感じました.

相撲の方は,殺した側に悪い事をしたという感じがない.感じられないので,こういう事は結構あるのかなと感じて怖くなりました.

投稿: HAWK2700 | 2007年9月30日 (日) 13時39分

お返事2です。

>H.Kさん
 今回の力士が亡くなられた事件は、本当に重大であると思いますね。相撲協会云々以前に、大相撲という存在自体の是非を問われても良いと思います。

>まるこ姫さま
 そういう弱さを補うことが日本古来の「道」(柔道、空手道、相撲道など)であるはずなのですけれど。
 相撲界の内部から自浄作用が起こらないということは、本当に深刻なことだと思います。

 日本の外交はいつも見えませんね。
 アピールが下手なのでしょうか…。

>HAWK2700さん
 僕はあまり美談にもなって欲しくはないという考えですけれど、確かに死を覚悟しないとできない仕事ではありますね。「流れ弾」ではないような報道もあります。

 相撲のほうは前述したように、ものすごく重大なことだと思いますね。

皆様コメントありがとうございました。

投稿: あゆざかけい | 2007年9月30日 (日) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の日記:夕飯抜きだよ。 | トップページ | 今日の日記:秋葉原でウォーキング?最後にびっくり箱! »