« 今日の日記:気になる六曜。 | トップページ | 今日の日記:風が暴れていた。 »

2008年2月22日 (金)

今日の金曜ロードショー:耳をすませば

 TV放映やっていたのね。普段TV観ない人なので気が付かなかった。10時30分くらいから観始めたら、ちょうど雫が「試し」をやろうとしているところだった。

 DVD持っているけれど、TV放映で観るのも良い。なんというかライブ感みたいなものもある気がする。民放(日本テレビ系)なのでCMが入るのが残念だけれど。

「耳をすませば」は僕にとって特別だ。

 一昨年、僕も雫のように「試し」をやってみようと思ったのだった。それが復職のきっかけでもあった。

「ジブリ作品」とか「宮崎駿さん」とか、そういうキーワードで語られる場合が多いけれど、厳密には、最初で最後の「近藤喜文さん監督の作品」なのだ。

 13年前に製作された、間違いなくセルアニメの傑作にして名作。思いっきり主観が入っているけれど、これは譲れないなぁ。

|

« 今日の日記:気になる六曜。 | トップページ | 今日の日記:風が暴れていた。 »

コメント

こんにちは
確か、この映画の主人公の女の子、きれいな何かと引き換えに、自分で小説を徹夜で書いていましたね。もう夢中になって、食事もカロリーメイトっぽいのを食べていたような。・・・・その後、わたしも刺激を受けて、ヘタな小説を一気にパソコンのワードにて打ちました。その経験の想い出が残り、一昨年の春~夏に、何編かの小説をやはりワードで打ちました。それを読んでくれた両親はよくできている。と誉めてくれましたが、個人的には、マニアックな場面もありますし、古風にも感じるので、なかなか自分のブログでは、発表する気になれないのです。
ちなみに、わたしの好きなジブリ作品は、「風の谷のナウシカ」、「魔女の宅急便」、「もののけ姫」、「となりのトトロ」辺りですね。「千と千尋の・・・」は、なんだか濃いレム睡眠の自分が見そうな夢みたいで、どうしても生理的に相性がよくないみたいです。2度目に観た際は、なんとなくおもしろいとも、思えました。

セルアニメ・・・・もうできないのかな?わたしは、いろいろなアニメのセル原画を購入して、今も手元にあります。主人が「著作権に違反するぞ。」と言いますので、自宅の複合機でスキャンするのをやめております。
どれも懐かしい作品のものです。大切に保存しています。

投稿: hiroko | 2008年2月23日 (土) 16時10分

>hirokoさん
 どうもです。
 イラストのほかにも小説もお書きでしたか。いやぁ、本当にご多才ですね!
 頭の中の空想世界を、絵や文章にすることがどれだけ苦しいことか。僕もちょっとだけわかる気がしております。
 僕はどうも、男の割には感性の部分が女性的であるようで、少年が主人公の物語よりも少女が主人公の物語の方が感情移入できるようです。ですから、「耳をすませば」のほかにも、純粋に「好き」だといえるのは「魔女の宅急便」などがあげられます。
 近年ではアニメもデジタル技術が進んでいたり、また一方で、動画の仕事を海外に外注したりしているようです。まあそれでよい作品が生まれるのであれば、歓迎すべきなのでしょうね。
 この作品は本当に、ものすごく細かい部分まで精緻に描かれていると感じます。
 セル画は貴重ですね。どうか大切になさってください。

投稿: あゆざかけい | 2008年2月23日 (土) 20時24分

あゆざかけいさま。
コメント有難うございました。
ご存知かもしれませんが「魔女の宅急便」の作画監督も近藤喜文さんなんですよ。
リンク先も拝見しましたが、私と好みが結構似ている気がします。
近藤さんの仕事というとどうしても「火垂るの墓」が取り上げられますが、もし未見でしたら是非「おもひでぽろぽろ」を見ていただきたいです。
この作品も残念ながら世間の評価はあまり高くないですが、本当に映像が美しい物語で私はとても好きです。

投稿: そら | 2008年2月23日 (土) 20時37分

>そらさん いらっしゃいませ(^^)
 「おもひでぽろぽろ」は、興味をすっと持っていましたがまだ観ていません。そうですか。美しいですか。今度、DVDの購入候補にします。(ジブリのアニメはレンタルでは観たくないんですよね。観るならDVD買う!)
「好みが似ている」 僕も、そらさんのプロフィールを拝見したときに感じました。中島みゆきさんが好きなところなんかも…(^^)。
 またいらしてくださいませ。でわでわ。

投稿: あゆざかけい | 2008年2月23日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の日記:気になる六曜。 | トップページ | 今日の日記:風が暴れていた。 »