« 今日の日記:現実逃避かも。 | トップページ | 僕はマクロス世代。 »

2008年3月 1日 (土)

自分にとっての「うつ」とは…。

 「心が止まる」もしくは「心が停滞する」こと…。
 そして身体も動かなくなること。

 実を言うと僕は、記事の中で「うつ」という病気について、直接的に言及することが少ない。それというのも、「自分はうつ病です」と声高に言ったところで、それを受け取る人の心中に誘発される感情は、その声の高さや大きさとは反比例するように冷徹なものとなる傾向があることを知っているからだ。

「心が止まる」という状態が、結果して身体をも動かせない状態に陥らせる。それが、僕にとっての「うつ」の症状のようだ。けっこう良くなっているのではないかと思っていたけれど、普通に考えれば割と「仕事上では良くあるトラブル」で、しばらくは歩くことも苦しく、ましてや人と話しをすることなどとてもできない状態に、けっこう簡単に陥ってしまう。それも突如として。

 先の飲み会に、僕の姿がない人は不思議がったかもしれない。外から宴席に居る上司に電話したけれど、どう思われたか考えるとつらい。

 こうした心の状態変化について、他者に「わかってください」というのは酷だろう。

 あまり「自分は病気です」と言いまわるつもりなど、もちろんないけれど、嫌でも自覚させられた気がしている。

 明後日はちゃんと出社したい。飲み会ドタキャンのことなんて、土日をまたげばみんな忘れているはず。そう言い聞かせて。
(仕事の問題の方は残っているけれど)

|

« 今日の日記:現実逃避かも。 | トップページ | 僕はマクロス世代。 »

コメント

こんばんは
飲み会は酔っ払ったらみんな忘れてるでしょう、だって酔っ払いだもの、いちいち人数をカウントしているような人がいたらその人はその場が楽しくないに違いないし(^-^)
自分の症状を語られても相手はどうしていいかわからなくなるんじゃないかな。自分のできることをできる範囲で、が一番周りの人も気遣い最小限でやりとりできるような気がします。

投稿: でつ | 2008年3月 1日 (土) 19時39分

疲れてますね。気楽に行きましょうよ。物の本に書いていましたが飲み会は時間の無駄だと書いていました。気にせずゆっくり休んで下さい。そして明るくやってください。

投稿: たかでんです。 | 2008年3月 1日 (土) 22時39分

とても難しいですね。うつ病って特に年配の方から言わせると、怠け病みたいに見られるところがあるのも実際だし。でも病気であることには変わりないから、患ってるこっち側の身としては、辛いところですよね。

・・・私も突然、気持ち的な振り幅が大きくなるんだー。仕方ないって頭では理解してるんだけど、結構キツイ(--;

それでも以前よりはTVや雑誌で取り上げられる機会も増えたし、微々たる前進かもしれないけど、社会的に認知されつつあるように思います。ただ誤認を防ぐためには、やっぱり患ったことのある人が、ネット上でも雑誌の取材でも、ちゃんと発信していかないと「病気」の症状や治療について理解されないのかなー?と思います。・・・まぁ、落ちてる時はそれも面倒なんだけどね(苦笑)。

投稿: かな | 2008年3月 2日 (日) 08時59分

俺は,結構.鬱を公言しているようなところはある.
じゃないと,仕事でやっつけられそうに思われるから.
表現がおかしいけれど.
しんどいから,飲み会に行けないって言うし,しんどい理由は鬱だって言うからなー.

投稿: HAWK2700 | 2008年3月 2日 (日) 09時29分

理解されないからこそ、理解してくれない回りに合わせて無理ばかりしていたら、自分を守れないということを、私は同じような経験を通じて学びました。
無理に飲み会に行ったら、もっと酷くなってしまったかもしれません。周りにどう思われようと、キャンセルは仕方の無いことなのだから・・・もし会社の人に理解されなくても、同じ病気と付き合っている私達はそれが分かってるから、自分を守って下さいね。

投稿: まりも | 2008年3月 2日 (日) 20時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日の日記:現実逃避かも。 | トップページ | 僕はマクロス世代。 »