« 今日は一歩も外出せず…TVでは嫌なニュースばかり…。 | トップページ | 産業医面談:現状維持…それしか言えない。 »

2008年4月14日 (月)

今日の日記:考えるということ。

 今の僕の仕事は、以前に比べればはるかにストレスが少ない状況にある。…そのはずであるが、会社に居るときは物が食べられない。食欲が無いのは言うまでも無く、のども通らない感じだ。もっともここ数日は、半分以上、風邪薬のせいだと思われる。

 なんとも気持ちが悪いとき、ほとんど頓服のように飲んでいるのが太田胃散。いま処方されている抗生剤の注意書きに、「制酸剤などとの併用に注意」とあるので、あまり飲まないようにしているけれど、やはり飲まないとダメだ。

 …。

 今日は半分くらい、自席の事務用PCの設定に時間をとられた。新たにB5サイズで軽いThinkPadが配られた。今後はみんな社内ではそれを持ち歩いて会議などにおけるペーパーレスにつなげろ、ということだ。画面が小さいので目が悪い僕としては困る部分もあるのだが、まあ小さくはなってもスペックは上がっているので、よしとするか。僕は昔からのメールをいつも消去しないので、今ではメールフォルダだけで5GBくらいになっている。その移行に時間がかかった。

 ThinkPadというシリーズはIBMではなくLenovo(レノボ)製になっても好きである。タッチパッドがないところとか。一般家庭向けにはあまり出回っていないけれど、キーの打鍵具合が違うのだ。

 ところで当社や当社の親会社などでは、当面、クライアントOSは Windows XP Pro. である。Vistaが採用される気配はない。

 …。

 Think とは考えるという意味だけれど、最近の僕には「考える時間」が比較的多めに与えられている。いま考えているのは、すでに実装局面に入っている膨大なプログラム群をどうやってバージョン管理するか、ということだ。
 考える時間というのはとても大切である。
 そう実感している。

 よく天才的なひらめきというか、そこまで行かなくとも打ち合わせの場などで、何らかの突然性を持って考えが出てくることがある。でも、それは実は、その場の一瞬で考えつくわけではない。意識的もしくは無意識的に常に考えていたから出てくるのだと思う。

 経験者とか有識者に訊くと思いがけないアイディアなどが出てくることが多い。よく若い人の方が頭が柔らかだから斬新な考えが生まれると言われるが、実際にはそんな例はごくごくまれだ。たいてい若手に「考えろ」と言って考えさせても、こちらの想定よりもはるかに土台的な部分でつまずいている。

 何が違うのか。おそらく、当該の事柄について「考えた時間」が違うのだろう。

 時間はありがたく使わせていただきます…。

|

« 今日は一歩も外出せず…TVでは嫌なニュースばかり…。 | トップページ | 産業医面談:現状維持…それしか言えない。 »

コメント

おはようございます。

僕も諸事情で会社でも考える時間はたくさんあります。

でも真剣に受け止めれば考えて、新しい仕組みを作ることは辛いことでもあります。プロジェクトのように馬車馬的にやって成果物が出てくるわけではないので…。

新年度、お互い心身の健康第一で日々をすごしましょう!

投稿: bjg | 2008年4月15日 (火) 05時10分

SEの仕事は論理的な部分とひらめきな部分で構成されているような感じがするのだけれど、ひらめきの部分も、過去の経験や雑誌・Web等の事例紹介・商品紹介からの展開だったりすることが多いんじゃないかと私は思っています。
対象領域に長いこと精通しているということが、アイディアの元になっている、という考え方に賛同します。
若手をビッグサイトや幕張メッセのショーに行かせて、業界動向・新製品を見させてやるのも、そういった知識・情報ベースを拡げるために必要なことなのだと思います。

投稿: くりにゃー | 2008年4月16日 (水) 10時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は一歩も外出せず…TVでは嫌なニュースばかり…。 | トップページ | 産業医面談:現状維持…それしか言えない。 »