« 今日の日記:何もしない虚しい休日。 | トップページ | 失敗から学ぶこと。 »

2008年8月 5日 (火)

昨日と今日の日記:この時期HDDクラッシュに注意せねばいけなかったのに。

 先週の金曜日に、ドキュメントサーバ(WIndowsServer)のバックアップスクリプトを流したまま帰宅した。それに伴ってローカルPCも起動したままだった。この蒸し暑い中、それはPCのハードディスクには災いしたようだった。
 月曜日に自席のPCを見てみると、画面は真っ暗でHDDからは異音がする。一発で「あーHDDがヤバいかも」と思った。湿度と温度が高い状況はHDDにとても良くないのだった。
 案の定、いろいろ手を尽くしたものの起動はできなかった。水曜日(明日)に開催予定のsubversionの説明会
にも使おうと思っていたのに。それでなくとも長年使ってきたいろいろな環境が入っていたのに。かなりショックだ。

 一方で、昨日と今日とで、ドキュメントサーバの subversion のバージョンアップ作業も決行した。他プロジェクトで既に保守運用に入っているリポジトリもあったので、慎重に行う必要があった。けっこう難航した。サーバサービスの起動という、ソフトの種類にあまり依存しなさそうな部分でハマった。
 まだLinuxサーバの方が残っている。どうやるんだ? LinuxでRed Hat系ならrpmパッケージだと思うので、パッケージ管理システムでインストールするんじゃないかと思っていたけれど、違うらしい。
 まあこれは後日改めてとなった。

 やっぱり実際に手を動かさないとわからないものだと改めて思った。

 なんだかんだと、見かけよりも余裕がない。あいかわらずギリギリの日々だ。

|

« 今日の日記:何もしない虚しい休日。 | トップページ | 失敗から学ぶこと。 »

コメント

ローカルパソコンってサーバに比べてバックアップがないがしろにされがちなんですよね。
でも、真に重要な物はローカルに入ってることの方が多い。
今は、情報統制のせいで、ローカルバックアップ装置の追加も許されていないから、rsync でも使って、サーバにあげるしかないのかな、と思います。データは救えても環境は救えないから、復旧には膨大な時間がかかりますけれどね。
できれば、ミラーぐらいすればいいんでしょうけれど。お金に余裕がない自体ですからねぇ……。、

投稿: くりにゃー | 2008年8月 8日 (金) 16時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日の日記:何もしない虚しい休日。 | トップページ | 失敗から学ぶこと。 »