« 昨日と今日の日記:この時期HDDクラッシュに注意せねばいけなかったのに。 | トップページ | 書店めぐり雑感:マクロス・クロニクル »

2008年8月 6日 (水)

失敗から学ぶこと。

 大きな失敗は経験よりもトラウマを残すので、ない方が良い。しかし、小さな失敗は時に必要なんだろうと思う。失敗の経験の方が記憶に残る。

 …。

 主催した説明会は、まあ何とか乗り切った。相変わらずシングルタスクなので仕事が遅いけれど。開発用PCの乗り換え作業などに時間をとられた。

 一仕事終えた感じになっていたとき、ITアーキテクトのマネージャーから不意に声がかかった。今回導入するあるソフトウェア製品の価格交渉では難航が予想されているが、「お前だったらいくらだと思う?」と訊かれた。正直、皆目見当が付かなかったけれど、とりあえず答えた。そうしたらメーカーからのメールのプリントを見せてもらった。何と僕が述べた価格よりも2桁も高かった。いくらなんでも高すぎると思ったが、交渉する材料が無いという。

 この世で最も料金が不明瞭なものの一つがソフトウェアである。不明瞭だが、その実はけっこう単純で、特許技術などの特殊な要素が無ければ、ほとんどが人件費である。それが分かっていながら、メーカーの「製品」という意識が強すぎて、かなり安く考えてしまった。

 別に仕事上の失敗ではないのだが、自分としては考えが足りない回答だったと反省した。多分、こういう時の記憶は残る。
 今回のPCハードディスクの損傷も、改めて「気温と湿度が高い状態に置くことはHDDにとって致命傷となる」ということを改めて知らしめた感じだ。

 僕は6年も前に、プロダクション環境の小さなDB表を直接消してしまったことがある。さらに10年ほど前には運用方への間違った手順書のために比較的大きなトラブルを発生させた。
 こういう経験は記憶に残る。

 成功体験もそれなりにあったと思うけれど、あまり思い出せない。
 成功体験よりもトラウマの方が多いかな。

|

« 昨日と今日の日記:この時期HDDクラッシュに注意せねばいけなかったのに。 | トップページ | 書店めぐり雑感:マクロス・クロニクル »

コメント

ソフトのコストね~
何人が、何時間かかって作り上げたのかが
キーに成りますよね。
実際は、それ以上の知識を駆使してやって居るんでしょうが、
数字で出てきませんからね。
まずは、数値化できる所要時間と人数から攻めるしかないかと...

投稿: しん | 2008年8月 7日 (木) 00時17分

こんばんわ!!ハードディスクは温度・湿度そして一部しか使用されてないと劣化がはやくなります。均等に使うソフトも売り出しているのでお試しあれ。

投稿: たかでんです。 | 2008年8月 7日 (木) 01時50分

おはようございます。

失敗に学ぶというけど、本人にとって失敗は大きなダメージを持っています。そこにこの課題の難しさがあるわけですが…。

過去の失敗もポジティブに反省材料として伝えられるといいのですが、なかなかそこまで寛容になれませんね。

投稿: bjg | 2008年8月 7日 (木) 05時58分

こんばんは
HDD、叩いて半年なんとかしていたなぁ。。。最悪の方法だって言われたけど、動いているうちにバックアップがとれたからよかったのかな。
転び慣れると転び方も上達するのかもしれません、ちょっと実感しています。

投稿: でつ | 2008年8月 7日 (木) 21時15分

そういう性格だから病気になってしまうのですけれどね。
私も、成功は忘れて、失敗を覚えてしまう性格です。
成功体験を記憶して、それに従って、よりよい成功を掴むことができれば、人生バラ色なんですけれど、私たちの性格って、失敗経験を蓄えて、どうすれば失敗しなくて済むかを考えて、完璧な成果を求めようとする方向性が強すぎて、実際、いやになっちゃいます。
さすがに、性格って、ある程度の年齢になると固定されちゃうから、今の性格とつきあっていくしかないんですけれどね。
まぁ、あんまりくよくよしないことです。
やりすごす、ということができれば、それが一番いいコトだと思います。

投稿: くりにゃー | 2008年8月 8日 (金) 16時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« 昨日と今日の日記:この時期HDDクラッシュに注意せねばいけなかったのに。 | トップページ | 書店めぐり雑感:マクロス・クロニクル »