« 思い出はいつも苦く。 | トップページ | 日本という国は滅びに向かって突き進んでいるとしか思えない。 »

2008年11月 3日 (月)

携帯:名機W31Tの後継機種が欲しいのだが…。

 昨日の事。au(KDDI)からダイレクトメールが着た。あなたの保有ポイントを使って「シンプルプラン」で機種変更すれば5000円キャッシュバックしますよ、というキャンペーン。ただし対象の機種は限られている。今年の夏モデルの中の人気機種ではないものが選ばれている。例えばシャープの3インチWVGA「W62SH」や、カシオの「GzOne W62CA」などは対象外。早くも日立の「Woooケータイ W62H」などは対象に入っている。日立さんにはちょっと悲しいことだな。

 僕はいま2005年モデルである「W31T」(東芝製)を使っている。このブログの記事もかなりコレで書いている。コレはかなり酷使しているが、状態は良い。何せ未だにディスプレイのカバー外してない。嘘でしょ?…と言われるかもしれないけれど、本当だ。

 インターネット上の掲示板をみる限り、auの新プラットフォーム「KCP+」を採用した機種の評判は、もうかなりひどい。とにかく「重くて」「バッテリーが保たない」というのが共通的な指摘だ。かなりの割合の人がそう言っている。

 今年の機種にしても、性能面で僕がいま使っている「W31T」を圧倒するものは、あまりないのが現実だ。確かに増えている機能はある。ワンセグとか。それでも、同じ東芝製の「W62T」などの評判を読むと、昔の「W31T」の方が良かったという書き込みも多かった。「W31Tの後継機を出してくれないかな」という意見もあった。これには僕も同意見だ。良い後継機種が出てくれれば、僕は高いお金を払って買うだろう。

 もう3年以上前の「W31T」は、特徴としては以下のようなものである。
・2.4型QVGA ・miniSD対応
・ステレオスピーカー
・Bluetooth対応
・PCサイトビューアー対応
・2メガカメラ ・かなり薄い

 世間の評判ではカメラはかなり酷いと言われている。でも、けっこう先進的な部分もある。…いまから思えば…。

 いまの au の最新機種は、一部を除いて、上記の仕様を圧倒できていない。そんなのありか?…と思う。端末の価格が安いというのであれば、まあ良い。でもそんなに高機能ではない機種でも、シンプルプランで4万5千円くらいもするのだ。何で同じ東芝製なのに「モノラルスピーカー」だったり「Bluetooth非対応」だったりするの?

 僕の自宅の近くに、auと docomoと Softbankの店が軒を揃えている。試しにちょっと行って、実際のものを見てきた。
 すると、改めて思うのは「auって機種のバリエーションがないな」ということ。真逆なのは docomo だった。ドコモの店は広くはなかったが、ものすごいバリエーションだった。Softbank は docomo ほどではなかったが、やはりいまの au よりは良かった。

 家族の縛りがなければ、ドコモに機種変更したいと本当に思った。家族の縛りはたいした理由ではない。もうひとつ、ちょっとした理由があって、キャリアは変えたくない。もっと正確に言うと、メールアドレスを変えたくないのだ。いまは…。

 もう半年くらい。我慢していまの機種を使い続けようかな…。迷いどころ。

|

« 思い出はいつも苦く。 | トップページ | 日本という国は滅びに向かって突き進んでいるとしか思えない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。