« はじめてのおつかいという番組は泣きポイントが多いので苦手だ。 | トップページ | 昨日と今日の日記:変わらず巣篭もり。 »

2009年1月 3日 (土)

箱根駅伝を観て。-2009-

 実を言うと箱根駅伝については複雑な思いを持っていたりする。一応、高校の途中まで陸上競技やっていた身である。

 複雑な思いとは。
 それは「なぜ箱根が一番人気なんだ?」「なぜ関東の大学だけなんだ?」というもの。全日本大学駅伝大会もあるのだけれど、知名度、人気では圧倒的に箱根のほうが上だ。こんなだから「箱根駅伝で走りたいという思い一心で常連校に入学する」という人もいるのもうなずける。
 日本の陸上競技界において、オリンピックに次いで一般に人気がある大会は、多分、箱根駅伝だ。

 とはいえ、箱根駅伝自体が悪いわけではない。そういうことを言い出すと高校野球にも同じことが言えるしね。

 …。

 今年の箱根駅伝はとても面白かった。番狂わせが多かったこと、全体的に接戦だったこと、…というのが主だった理由。

 駅伝の必勝パターンは早い段階で先頭に出ること。先頭に立てば自分のペースで試合を運ぶことができる。後ろのチームは追いかける立場となるので、どうしてもオーバーペースになりがちとなる。
 特に一区間が二十キロ超という超長距離駅伝では、ペース配分の失敗が致命傷になってくる。

 今回優勝した東洋大学チームは、往路の最後の山登り(5区)で驚異的な走りを見せた一年生の柏原選手以外は、平凡な持ちタイムの選手だろうと思われた。それでも優勝できたのは、復路において常に先頭争いをする位置で走れたからだろう。

 一方で名門駒澤大学は哀れシード落ち。上記とは逆で常に下位(早い区間から出遅れ)を走っていると、はやりなかなか上へは行けないものなんだろう。駒澤がいないなら俺たちが!って感じで優勝を狙っていた早稲田は、山登りでの差が予想外だったろう。かつては強かった順天堂も厳しい。

 学連選抜チームには拍手。特に最終区間10区の麗澤大学の佐野選手は、その大学名を全国に知らしめたという意味ではものすごい貢献をしたんではなかろうか。通常ならばシード権獲得の10位以内。最終区間で決めたのはすごい。

 先にも記したけれど、箱根駅伝はオリンピックに次ぐくらいの知名度・人気がある大会。東洋大学の柏原選手も一年生ながら、一気に全国に知れ渡った。これからが大変だろうな。

|

« はじめてのおつかいという番組は泣きポイントが多いので苦手だ。 | トップページ | 昨日と今日の日記:変わらず巣篭もり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてのおつかいという番組は泣きポイントが多いので苦手だ。 | トップページ | 昨日と今日の日記:変わらず巣篭もり。 »