« 良き歌よ…心のために音楽を…。 | トップページ | みっともないくらいに余裕がない毎日。 »

2009年1月17日 (土)

今日の日記:今年はじめの通院日…世相を見て思う自戒の念…。

 一日における通院にかける比重って、けっこうある気がする。診察時間はちょこっとなのにね。

 今月末に控えている客先への勉強会と部大でのコミュニケーション活性化のためのスポーツイベント。さらには来月にあるであろう合宿。
 それらに関する不安を少しだけ述べる。でも、自分で言いながら、「いつまでもこの程度のことから逃げているようではダメなんですよね」と…。

 自分が競争社会に居ることを忘れてはいけないんだろう…。

 …。

 開発プロジェクトもそろそろ総合テストとか移行とか、そういう段階に差し掛かっている。僕は一応プロジェクト全体のライブラリアンなので、昨日までの週でも、アプリケーションチームのテストを実施する段に、「インフラの一斉ビルドが必要なんじゃないのか」などと心配した。現にその心配は当たっており、APよりも先にインフラビルドを行う。

 リーダーやマネージャーは運用引継とか移行スケジュールとか、そういうことにかまけて、誰も構成管理の心配をしていない。ちょっと言い過ぎかもしれないけれど、僕が居なかったらどうなっていたのか、などと思うときがある。

 しかし、そういうことが存在意義というか、僕の付加価値なんだろう。僕はずっと前から「人手が足りない」と言ってきたけれど、それを言ったら各リーダーも僕以上にそう感じているだろう。
 若手とリーダークラスの中間層が居ない感じだ。これはそう感じているだけで、実際は違うのかもしれない。いつもリーダークラスは若手がいつ自律的な行動をするように変身するか、気をもんでいる。

 …。

 僕は、ある意味、重責を放り投げたという悪い実績がある人間なので、えらそうなことは言えないのだけれど、まあ経験は大切だと思う。大切だけれど、それを守ろうとしたら終わりだ。経験は常に次代の人間に継承することに努め、未知の領域を目指すことをやめてはいけない。一番いけないことは止まることだ。

 …。

 僕が知る限り、僕が知っている範囲では…。いままで人が余っているという状況を見たことがない。派遣の方でも請負の方でもなく、自社のプロパー社員が常に少ない。育成が進まない。

 一方では就職難で、一方では人手不足。
 ミスマッチだと感じる。

 思うに、さまざまな理由から、いつの間にか経験を常に重ねて行くこと、それを止めた、もしくはその機会を与えられなかった人が、今になって苦しんでいる。そう見える。

 …。

 僕も他人事ではないと、自戒する。僕も、かつて重責を放り出した悪い経歴を持っているので、決して安穏とはしていられない。そう思う。

|

« 良き歌よ…心のために音楽を…。 | トップページ | みっともないくらいに余裕がない毎日。 »

コメント

まぁ、病気にかかってしまうくらい、悪い環境にいたのですから、病気になってしまったゆえのことは、あまり気にしない方がいいと思いますよ。
それは悪い/いいの問題ではなくて、病気にさせた環境が問題だったのですから。
責任感が強いからこそ、この病気にかかったとも言えるのですが、そのまま過去の病気ゆえの行動を自己否定し続けるのは、あまり精神的に良いこととも思えませんし。
自分にできる範囲があるんだ、ということを理解した上で、また病気にかからないように・病気にかかる人が出てこないように、社内を見回してあげる役回りに立つことも大切なんじゃないかと思います。(例の彼女はどうなっちゃったのか気になっています。)
あゆざかさんは立派に病気から立ち直って、復帰されたのですから、今の自分を、会社に行けている自分を良い自分だと認めて上げてください。
(私なんか、いまだにプーだー!どうすんだよ、自分。)

投稿: くりにゃー | 2009年1月18日 (日) 05時05分

こんにちは
こういう構造的な問題は現場のせいではなく、経営者の責任では?
氷河期を作って人材を採らず、OJTから自己啓発なんて言葉で自主性を重んじるとか言いつつも結局は人材育成費の抑制。
OJTするにも人材不足ではそれもままならない。本来業務がいっぱいいっぱいだから。
経営者は自分が労働者だったころをいつの間にか忘れ、収益率のみを考えて人財という観点をわすれてしまっているのでしょうかねぇ。

投稿: でつ | 2009年1月18日 (日) 09時51分

くりにゃーさん>
 ありがとうございます。
 おっしゃるようにあまり背負い過ぎるのも健康に良くないですね。
 僕だからこその観点で周りを見て行きたいと思います。
 例の件は今はまだ書けないです。

でつさん>
 「人財」まさにその言葉が近年欠落していたのでしょうね。この欠落を補うには何十年必要なんでしょうか。日本の未来が心配です。


あまりお返事できずすみません。
どうもありがとうございました。
m(_ _)m

投稿: あゆざかけい | 2009年1月18日 (日) 18時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« 良き歌よ…心のために音楽を…。 | トップページ | みっともないくらいに余裕がない毎日。 »