« 4時。 | トップページ | 今日の日記:NHKスペシャルを観た他。 »

2009年2月21日 (土)

昨日と今日の日記:根詰めと通院と…MBR書き換えどうするかな。

 昨夜にも少々書いたけれど、昨日はかなり根を詰めた日だった。残業もした。もう就業制限値までギリギリになってきた。
 同じ所属で対応している他プロジェクトのトラブル対応には、当プロジェクトからも応援を出したりしていた。一昨日から対応し、早くもマネージャーを含め数名が会社に泊まったようだった。

 それを横に見ながら、昨日の朝、「総合テスト環境に緊急リリースしたいのでビルドとデプロイお願いできますか」と言われる。本来は各チームのライブラリアンのお仕事だけれど、全員、別件で出張中。まあ僕もできないと困るのでやってみた。やってみるとけっこう未整備な部分が明らかになる。ビルド(javac)でコンパイルエラーが出たり、その修正を Subversion リポジトリに再投入してリビルドしたり、いろいろ神経を使う作業だった。インフラチームの事情で、結合テスト環境を更新せずに総合テスト環境へリリースしたいらしかったけれど、通常の手順ではできないことがわかった。
 そんな午前中。

 午後イチには、午前に自分がやったことや、明らかになった問題などを整理する。こういうことって、今の若手の人はやろうとしない傾向にある気がする。メモしておかないと自分がやったことすら忘れるものなんだ。

 午後は未だに ver.1.0 にできていないプロジェクトの構成管理ガイドを更新。ガイドと実装の差を埋める作業。これもものすごく細かい作業だった。

 これはアプリケーションサーバ製品の違いにもよるところが大きいけれど、今回のプロジェクトにおいては、ひとつのWebAPサーバ区画の中に、複数のEARファイルが存在する。そしてそれぞれのEARの中には、固有もしくは共通のWARファイルやJARファイルが存在する。WARとJARの関係も並列関係のアーカイブもあれば、入れ子関係のアーカイブもある。特にインフラ機能は製品モジュールの制約が多いため、構成が均一ではない。

 僕の目から見て、明らかに整理が必要なんじゃないかと思える構成がいくつかあった。
 本当であれば、もっと構成管理担当者が充実していて、今から数ヶ月前に、そういった構成定義を可視化/共有し、議論して決めることができれば良かったのだけれど、僕のパワー不足などもあって、後手後手に回っている。僕は常にそういう危機感を感じているのだが、各リーダーやマネージャーは、そういうところにまで目を向けてくれない。
 一応、各サブシステム毎にライブラリアンを任命しているけれど、どのメンバーも、この構成はおかしい、と言えるレベルにはない。僕よりもJ2EE環境におけるプログラミング(実装)を経験しているのだけれど、構成を疑えるまでに至っていない。みんな頑張っているけれど、絶対的な経験が不足している。そのあたりが本当に悩ましいところ。ライブラリアンは本来なら、未経験な若手の仕事ではないんだろうな…。そういう意味では僕もJ2EE環境はじめてなのだけれど。

 本当にものすごい危機感を持っているんだけれどな…。

 …。

 今日は朝は一度、精神科クリニックに午後予約を入れに行き、その足で皮膚科を受診。幸いにして今日はどちらも待ち時間は短めだったけれど、通院でけっこう一日がつぶれる。

 精神科主治医には、最近は一層仕事が忙しくなってきたこと。予定休暇を取っても遊ぶなどの余裕はなく、寝て過ごしてしまっていることなどを話す。まあ話しても言われることは変わらない。仕事に対する向き合い方のようなものを変えて行くしかない。とりあえず今、この調子でずっと行くと、あまり良いことはないのは共通認識だった。

 …。

 夕方になって、ようやく何かをする気分になる。最近稼働率が低下しているマイPC6号機くん。最近話題のボットウィルスのことなどを聞くと、やはり Windows ではないOSを使った方が良いのかと思えたので、今まるまる空いている Windows からみて D:ドライブに相当する物理ディスクにパーテションを切り直して Linux 入れてみるかと思案。

 この6号機くん。自作する元気もなかったので通販BTOで買ったわけだけれど、なぜか内蔵2台目のHDDが、全面一つの「拡張領域」になっている。何か理由があって敢えて「基本領域」にしなかったのか、特に意味が無いのか、ちょっと気になる。
 先ほど、とりあえず「拡張領域」内に一つ作成されていた「論理パーテション」を削除した。サクッと。当然のごとくマイコンピュータからD:ドライブが見えなくなる。

 今日はこの続きをやるかやるまいか…。一応 Windows とマルチブートしたいので、マスターブートレコード(MBR)の書き換えは必須かもしれない。しくじると Windows 側も起動不可能になるリスクもある。どうしようかな。まあ小さな小さな思案。

 …今日はちょっとまとまりがない内容。
 皆様コメントありがとうございます。ああ僕もいろいろ勉強しないといけないんですけれど…。

|

« 4時。 | トップページ | 今日の日記:NHKスペシャルを観た他。 »

コメント

ふむー。
JAVA って、Eclipseのリアルタイムコンパイラがコンパイルするから、ビルド時にはエラーが出ないものだと思っていたけれど、そうではないのですね。
なんだろ。モジュール間の依存性の問題とかが起きるのかな。
難しいんですね。
デプロイを任される、と言うのは、一番偉い人なんじゃないのかなー。大変ですね。

投稿: くりにゃー | 2009年2月22日 (日) 01時46分

そうときはサクッとMacを買って、MacOSX、XP、Linuxのマルチブートマシンを作りましょう。失敗しても簡単に元に戻せるし。

投稿: あんどう | 2009年2月22日 (日) 05時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 4時。 | トップページ | 今日の日記:NHKスペシャルを観た他。 »