« 久しぶりに自宅に引きこもることになりそうです。 | トップページ | 今日は午後後半から晴れてきました。 »

2010年2月28日 (日)

カメラについて雑感…Nikon(ニコン)がんばれ!

 もうけっこう先日になりましたが、Canon(キヤノン)がデジタル一眼レフカメラのエントリーモデルの最新型を出しましたね。Canon EOS KissX4。画素数は1800万まで上げてきましたか。本当は画素数と画質は何の関係も無く、むしろ下手に画素数が高い方が扱いにくいのですが、そんなことはカメラ初心者にはわからないんですよね。むしろ、1800万!という数字と、EOS KissXシリーズの最新!…というインパクトが大切なんでしょう…。それによく知らない人でもキヤノンのエントリー一眼レフは「Kiss」という名前だという印象くらいは持っている…これは侮れないことですよ。キヤノンは商売が上手いなと思います。
 
 Nikon(ニコン)の一眼レフカメラの名前のつけ方にはまったく統一感が無く、多分、商品をある程度研究しないとわからないのでしょう。現行機種の中で最も廉価でエントリー機種なのは、僕が持っているD3000なのですが、売れ筋なのはD5000の方です。実際にはどれだけ利用されるかわからないにしても、ライブビュー撮影と上下左右稼動型液晶(バリアングル液晶)画面と動画対応が売りとなっています。僕はそれらの機能がマルマル不要だと感じ、あえてD3000の方にしたのですが…一般的なニーズは異なるようです。D5000の上位に当たるD90も売れているようです。

 D3000の方にも、軽いと言われるD5000よりもさらに軽い、固定液晶だがその分サイズが3.0型と大きい、オートフォーカスポイントなどはD5000やD90と変わらない、CMOSが主流になりつつある中で枯れた(熟成された)CCDイメージセンサーを搭載している…などと、良いところもあるのですが…。やはりD5000のような売りがないと売れないんですね…。

 SONY(ソニー)の最廉価機種であるα230が、わずか7ヶ月で生産終了となってしまったのも残念です。僕はこの機種も購入候補に挙げていたのです。D3000と同様、とてもシンプルな機種だったからです。ソニーは動画対応するのでしょうか。昨年まではまるで動画はやる気が無いようでした。理由は簡単で、ソニーにとっては、ビデオカメラの市場を既に持っているので、一眼カメラで動画をやるメリットがまるでないからです。

 PENTAX(ペンタックス)のK-xは予想以上に売れているようです。昨年末の時点で、一眼レフのエントリー機種を買うなら、このK-x、EOS KissX3、D5000の事実上3択とも言われていました。その中でも特にこのK-x、EOS Kissは売れているようです。EOS KissX2という前世代もかなり売れているようです。

 そんな中、早くもこの時期にキヤノンはEOS KissX4を投入してきました。ただでさえ、キヤノンはプリンタブランドも持っており、自社製のカメラで作成したRAWデータをそのままプリントできるというあわせ技を持っています。

 Nikonにも、50年間も変わらずに守ってきたレンズのマウント規格があり、古来からのニコンユーザが持っているレンズ資産がいまだに使えるといったメリットがあるのですが、まったく宣伝されていません。

 D3000は僕にとっては「初めてカメラ」なので、今後も使い倒すつもりでつかって行こうと思います。それなりの愛着も出てきましたし、もしかするとニコン最後のCCD機かもしれませんし…。

 それにしても、ニコンにはもっと危機感を持ってもらいたいです。ネーミングや宣伝を、もっと一般人を意識したものにして欲しいのと、カメラ側で作成されるJPEG画像の質を高めて欲しいです。

 ところで一眼を使っている方は、みんなRAW現像派なんでしょうか。僕はまだJPEGです。一枚一枚現像なんて面倒でやる気が起きません。まだまだ素人だからでしょうか…。キヤノンとニコンはRAWとJPEGとの差が大きいとうわさなんですが本当なんでしょうか…。

 まあ世間は世間。自分は自分。最廉価一眼と最廉価コンデジでしばらくやってゆこうと思います。


↓よろしければポチ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 久しぶりに自宅に引きこもることになりそうです。 | トップページ | 今日は午後後半から晴れてきました。 »

コメント

こんばんは
私がα100からD80、D300へと乗り換えていった(αはマクロ専用で使用中)経緯は連続撮影コマ数とAFポイントの数、だったでしょうか。
D3000と5000だと撮影シーンモードの数が違うところと連続コマ数が違うのが私が気になった差かな(動画は要らないし)
nikonを使い続ける予定ならRAWの現像ソフトCapture NX 2があるのでトライアル版をDLしてみるのもよいかと思います。RAWは自分で観た時の色を再現できるといいますが…私はそこまではしていませんがきれいはきれいかも、容量は取るけど。

投稿: でつ | 2010年2月28日 (日) 18時19分

こんばんは。
 動画とバリアングルは、趣味撮影より業務撮影の目的で使用する方が、必要な機能かもしれません。私は2006年当時その二つが必要で、一眼レフを買わずに固定レンズのコンデジを買いましたので…。
 以前の職場ではNikon派が断然多く、職場用のカメラもそうでした。CCDカメラは継承して欲しいと思いつつ、流れ的にラインナップから消えていくのでしょうか…残念な気がします。
 最廉価とはいえ、以前のデジカメとは数段違いますもの、使い切って上級機種が欲しくなったところでチェンジアップしていく楽しみが沢山残っていますね(^^)。
 私も記事を読んでいて一眼が欲しくなりますが、諸事情あってなかなか迷っているところです。
 

投稿: asauzu | 2010年3月 1日 (月) 20時52分

RAWはね.試してはみたんだけれど,最初はね.面白いかなって.
でも,JPEGで普通に大丈夫だなんて思うから.
でも,画像編集プログラムは絶対に使っていますね.
JPEGでも,画像編集は絶対にしちゃいます.
何が気に入らないのが説明はできないんだけれど,何か自分の中でこれというのがあるんだろうな.

投稿: HAWK2700 | 2010年3月 2日 (火) 21時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« 久しぶりに自宅に引きこもることになりそうです。 | トップページ | 今日は午後後半から晴れてきました。 »