« 東京スカイツリー…また高くなったみたいです。 | トップページ | 今週はかなり疲れました…。 »

2010年8月19日 (木)

2010年のNikon新製品が発表されましたね。ニコン頑張れ~!

ニコン、同社初のフルHD対応デジタル一眼レフ「D3100」
ニコン、高屈折率レンズ採用の「AF-S DX NIKKOR 55-300mm F4.5-5.6 G ED VR」
…他レンズ3本。ナノクリスタルコートの高いレンズもあります。

 D90の後継機種の発表は来月になるという噂もあります。

 今年のデジタル一眼レフのニコンのエントリー向けは、このD3100に絞られるでしょうか。昨年は、D90とほぼ同じ撮影システムでバリアングル液晶モニタのD5000、従来の枯れたCCDを搭載したD3000とが、少々両極端な感になっていましたが、今年のは上手くまとまっていますね。スペックしか見ていないので何とも言えないですが、これは売れるんじゃないでしょうか。…っていうか、売れてください!

 1400万画素のCMOSセンサーで動画も対応しています。これで、キヤノンのEOS Kiss X4、ペンタックスのK-xたちを相手にしても負けないスペックになっています。高画素化は、正直やめて欲しい感じもありましたけれど、初めて一眼レフを買う人に対するインパクトで、やっぱり高くせざるを得ないのでしょう。(CMOSイメージセンサーはSONY製だそうですが)

 何よりも頑張った感があるのは、キットレンズにもなる「AF-S DX NIKKOR 55-300mm F4.5-5.6 G ED VR」です。ニコンも相当、キヤノンやペンタックスを意識したんだろうなぁ、と思いました。
 キヤノンのレンズキットの望遠ズームは、55-250mm、ペンタックスは、55-300mm。正直、200mmが上限であった今までのニコンの望遠キットレンズでは、数字的にも負けていました。このレンズがキット価格で手に入るのならお買い得ですね。

 やっぱり純正レンズの層が厚くなって行くのは強みですね。

 僕は、事実上ニコン最後のCCDセンサー搭載機種となった D3000 を、これからも手放すつもりはないです。
 僕が次に買いたいとすれば…D90の後継機かなぁ。噂では1600万画素のCMOSセンサーのようです。でもあまり高画素化すると写真データのサイズが大きくなりすぎて扱いづらくなるので、本当は1000万画素くらいのままにして、高感度に強くして欲しいのですけれど…。

 とにかく、新製品をたくさん出して、盛り上げて欲しいですね。
 ニコン頑張れ~!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 東京スカイツリー…また高くなったみたいです。 | トップページ | 今週はかなり疲れました…。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。